【無料】『未来の学校祭 2020』脱皮トーク|Citizens of the Future:未来の市民が学ぶこと

Description
|未来の学校祭とは
未来の学校祭は、東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカによる未来の社会をみんなで考える新しいお祭りです。アーティストによる社会への問いかけをきっかけに、さまざまなクリエイターや企業、ショップが来場者とともに、未来の社会を考えます。コンセプトは「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」。イベント来場者は Exhibition(脱皮ルーム/脱皮スクエア/脱皮ラボラトリー)、Campus Exhibition(脱皮キャンパス・エキシビション)、Performance(脱皮パフォーマンス)、Workshop(脱皮ワークショップ)、Talk(脱皮トーク)など子供から大人まで楽しめるプログラムを自由に体験することができます。未来について考えるうえで重要なヒントが見つかるかもしれません。

|脱皮トークとは
今、様々な分野で新しいアイデアを用いながら、社会の問題を超えようとする試みが行われています。アーティストが社会に投げかける問いはどのように生まれているのか?Ars ElectronicaとEUが軸となって文化と産業の双方を刺激する取り組みとは?2月に開催されるフェスティバルは東京をどう脱皮させるのか、脱皮のための試みを、様々な角度から語り尽くします。

|Dappi Talk
“Dappi” Talk is a series of panel discussions about how Art can facilitate transformation – “Dappi” – of ourselves, cities, and societies. Panelists from various social sectors will introduce different approaches for the shift. Get inspired and hear from global practitioners of art thinking.

『未来の学校祭 2020』特設サイト
http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/school_future/

+++++++++++++++++++++++

Citizens of the Future:未来の市民が学ぶこと
21世紀、人は何を学ぶのでしょうか。2020年、日本では学校教育が変化を遂げ始めます。今までの学校教育は、与えられた問いを答えられるように知識を与えるものでした。予測不能な未来をしなやかに生き抜くためには、自ら問いを立て、行動する新たな学びが求められます。このセッションでは、教育者、アーティスト、文化機関、企業といった多様な教育の実践者たちが市民参加型の学び、シチズン・サイエンスやSTEAM教育そして未来の学校のあり方について議論します。

Citizens of the Future : Future of education
Rapidly changing world will require skillset of being curious, iteratively asking questions, and exploring it by hands-on experience, rather than finding a single answer to defined questions. When education is no longer about teaching knowledge at school, what should people learn through education, from who, and how? Educators, artists, and cultural institutes, will debate about the future of schools and education, covering topics such as citizen science, STEAM programs, and art thinking.


日時:2月22日(土) 19:00-20:30[開場 18:40]
会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(ミッドタウン・タワー5F TokyoMidtown DESIGN HUB内)
アクセス:http://designhub.jp/access/
※受付にてお名刺を頂戴いたします。
※英語は日本語に逐次通訳されます。
*Please submit your business card at the reception desk.

*The Japanese speeches will be interpreted simultaneously into English. Please keep in mind that the number of simultaneous interpretation receivers is limited.

Speaker

Gerfried Stocker|ゲルフリート・シュトッカー
アルスエレクトロニカ 総合芸術監督
Artistic Director at Ars Electronica

フェスティバルの総合芸術監督をはじめ、アルスエレクトロニカ・フューチャーラボの設立、アルスエレクトロニカ・センターの企画責任者を担うなど、アルスエレクトロニカのトップとして活躍中。
https://ars.electronica.art/news/en/



市原えつこ |Etsuko Ichihara
メディアアーティスト
Media Artist

早稲田大学文化構想学部卒業。日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。第20回文化庁メディア芸術祭優秀賞、アルス・エレクトロニカ賞でHonorary Mentionを受賞。
http://etsuko-ichihara.com/



石戸奈々子|Nanako Ishido
慶應義塾大学 教授、NPO法人CANVAS 理事長
Professor, Keio University | Founder of CANVAS (NPO)

東京大学工学部卒業後、MITメディアラボ客員研究員を経て、CANVAS、デジタルえほん、超教育協会等を設立、代表に就任。
総務省情報通信審議会委員など省庁の委員多数。NHK中央放送番組審議会委員等を兼任。政策・メディア博士。
http://creativekids.jp/



Michael Thundercliffe|マイケル・サンダークリフ
GSE シニアマネージャー
GSE Senior manager

英ウェストミンスター大学卒。仏リヨン大学留学の後、ブリティッシュ・カウンシル勤務。バンコクから東京支部に異動し、
Deputy Director として教務、コンテンツ開発を統括。GSEではEtonXやVRラーニング等EdTcch分野も推進。


MODERATOR

小川秀明 |Hideaki Ogawa
アルスエレクトロニカ・フューチャーラボ・共同代表
Co-leader of Ars Electronica Futurelab


+++++++++++++++++++++++

『TOKYO MIDTOWN × ARS ELECTRONICA』これまでの取組み
http://www.tokyo-midtown.com/jp/ars_midtown/
Sat Feb 22, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
未来の学校祭 脱皮トーク26

On sale until Feb 21, 2020, 1:00:00 PM

Venue Address
港区赤坂9丁目7−1 Japan
Organizer
TOKYO MIDTOWN
1,290 Followers